結婚20年後の婚約指輪は?
image

結婚するときに婚約指輪を男性が女性にプレゼントするというケースはとても多いです。 もしかしたら、いまの時代よりも昔の方が定番だったかもしれません。今では婚約指輪を省略して、エタニティーリングなどにして普段使いできるタイプを選んでいる女性も多いことも特徴としてあります。 しかし、やはり女性としてみたら、男性からプロポーズに時に贈られる指輪というのは、記憶にも残りますし、嬉しい気持ちというのはとても大きいかもしれません。 ところで、結婚20年の夫婦で、婚約指輪をまだ所持しているというのは何パーセントぐらいいrのでしょうか。 結婚20年となりますと、お子さんも大きくなり、子供に受け継ぐというケースも増えてくるかもしれません。さらに、リフォームをして形を変えて持っているということもあります。そのままの形で持っているとすれば、60パーセントぐらいでしょう。とは、ご主人に内緒で売ってしまったり、不景気ということもあり、何かしらの理由でお金が必要となり、手放すことになってしまうということもあるでしょう。 どちらにしても、プロポーズの時の言葉と、その時のシチュエーションとしては、記憶に残っているという方がとても多いことは間違いないでしょう。 思い入れが深いアイテムになりますので、できればとっておきたいところですが、普段使いをしないということになりますと、使いづらい部分はあるかもしれません。その場合にはリフォームすることもおすすめです。

お勧めのページ