婚約指輪はいくらくらい?
image

結婚前に男性から女性へ誓いの意味を込めて贈られる婚約指輪。以前は「給料3ヶ月分」という言葉をよく耳にしましたが、最近の相場はいくらぐらいなのでしょうか? バブル期には100万円を超えるような高価な指輪を贈る男性も少なくなかったようですが、最近、あるウエディングサイトが20~30代の男女を対象におこなったアンケートによると、最も多い価格は20~30万円で、次いで多いのが10~20万円という結果となり、この2つを合わせると半数以上のカップルが10~30万円の間で指輪を購入していることがわかりました。 高価な指輪を購入しなければならないと考えていた男性にとっては少しホッとする結果かもしれませんね?受け取る側の女性に話を聞くと、婚約指輪は欲しいけれども、つける期間が短いので、あまり高い指輪はいらないという意見が大多数でした。女性は男性よりも現実的なところがあるので、高い指輪を購入するよりも、その分をこれからかかる結婚式や新居の費用にあてたいという考えがあるようです。 しかし、婚約指輪に対する思いは人それぞれです。少数ではありますが、100万円以上の指輪を購入している人もおり、40~50万円の少し高めの指輪を購入している人も10%近くいます。人の価値観は違いますので、自分の彼女がどのような指輪を求めているのかを事前にリサーチすることも大切です。デートの途中でさりげなくジュエリーショップに立ち寄ったり、知り合いの話を例にあげたりして、彼女の気持ちを探ってみましょう。

お勧めのページ

結婚指輪を銀座で探されるのは最適です。好きなジュエリーブランドがない人からすると探す事でカップルの無駄なケンカに発展しかねません。多くのショップがある中で選択できればストレスフリーです。

今時の婚約指輪、流行の石は?
image

婚約指輪はエンゲージリングともいい、結婚を申し込む時に男性が女性に贈るリングのことを主に指します。最近ではお互いにお揃いの指輪を贈りあったりする人も増えているそうです。 エンゲージリングの相場は昔は給料3か月分と言われていましたが、最近では価格帯も幅広く、数万円から数十万円以上するものまであります。特に女性にとっては言葉だけの婚約と違い、愛する人から贈られるエンゲージリングにとても憧れる人が多くいます。 婚約指輪を左手の薬指につけるのは左薬指は愛が心臓から左薬指に伸びているので、ハートと繋がっているという言い伝えが昔からあるそうです。また女性が左手の薬指に指輪をつけていることによって、決まった相手がいるということを示す目印にもなります。 エンゲージリングに使う石は、現在でもダイヤモンドが不動の人気です。ダイヤモンドは永遠の絆という意味を持つ石で、これから先、永遠に夫婦として支えあうことを約束したカップルにはぴったりの石といえます。 ダイヤモンドは良くみるとそれぞれ透明度やカラーが微妙に異なります。ダイヤモンドの品質を図る基準に4Cというものがあり、4Cとはカラーとカット、透明度と重さ(カラット)のことを指します。天然石なので一つ一つが異なる風合いをもつため、エンゲージリングのように一生もののリングを選ぶときにはこの4Cにもこだわって、好みの石を選ぶことも大切です。また、指輪の形も目移りするほどあるので、個性にあわせてじっくりと検討することが大切です。